2007年07月01日

こども英語は親から子供への贈り物

「親が英語苦手なのに、子供に英語?」・・・子供に英語を学ばせるのに、親が英語を得意である必要はないです。

「親が英語苦手でも、子供は英語が得意!」・・・英語が不得意な親の子でも、立派に英語を身につけていく子供たちは、たくさんいるようです。

なぜなら、今や、子供たちの英語の学びに必要な、本や教材、DVDなど、いろいろなものが揃っていますからね。

ですので、子供に英語を学ばせるのに、親の英語力は、必要ではないのです。でも、やっぱり親の存在は大切です。親が子供と一緒になって、英語を楽しんだり、英語を学んでいる子供たちを応援してあげたりすることです。そうすると、子供たちは英語が好きになり、自然に英語を身に付けられるようになるでしょうね。

実際、子供たちが日本語を覚えた過程では、親や、周りの人とのコミュニケーションが、とても大事です。また、テレビや、絵本などに触れることも、子供たちが言葉を身につけるうえで、大きな影響をもっているはずです。

同じ言葉である英語も、子供たちが楽しんで、興味を持って、少しでも長い時間、適切な英語に触れることができれば、きっと自然に英語を覚えることができます。

親たちの仕事は、子供たちに適切な英語を用意することと、子供たちができるだけ興味を持って英語に取り組めるようなサポートをしてあげることで十分だと思います。親が英語が得意である必要もないですし、親がむしゃらに英語を勉強する必要もないですね。

こども英語は、子供たちが生きていく将来の社会において、子供たちが英語で苦労しないように、親からの子供たちへのプレゼントですね。


posted by えいえいごう at 17:32| 子供英語(こども英語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。