2008年10月31日

英語に愛されるには学校英語「前」が肝心

2011年から小学校でも英語は必須科目です。昔と違い学校でも小学生から英語の勉強が始まります。


それだけ、英語の重要性が高まっているということと、早くから英語に取り組むことの有効性が認識されてきているということですね。中学・高校と英語を勉強していながら、多くの人が使える英語を身につけられなかったという現実がそうさせたのでしょう。


ところで、多くの人が長い時間英語を勉強しても、英語を身につかなかったのには理由があります。その理由とは何でしょうね?その理由を解き明かすカギは「受験」「成績」です。


「成績」アップや「受験」のために英語を勉強して、果たして英語に愛されるでしょうか?本当に使える英語が身につくのでしょうか?


「学校での英語の勉強」では、「成績」や「受験」を抜きに英語に取り組むことって難しいです。いつの間にか「成績を上げるため」「もっといい学校に入りたいから」という目的で英語を勉強しがちです。英語の知識を身につけるのにはそれで十分かもしれませんが、使える英語を身につけるためには不十分です。


実際、中学や高校の英語の成績は結構良かったのに、中学英語程度の知識で間に合うはずの日常会話が理解できないという人は少なくありません。


ではどうすれば、本当に使える英語力を身につけることができるのでしょうか?


いい方法が一つあります。とてもシンプルな方法です。学校英語が始まる前に「成績」や「受験」とは無縁のところで英語を学ばせることです。「英語」を、成績がある「科目」としてではなく、日本語と同じ「ことば」として触れさせておくことが大事です。


今は昔と違い、学校に頼らなくても良質な英語教材が簡単に手に入ります。子供の英語学習に親の英語力は関係ありません。


子供の英語学習は気づいた人からどんどんはじめています。子供の将来のために、「今できること」であり、同時に「今しかできない」ことです。


おすすめ英語教材(乳幼児) >


おすすめ英語教材(小学生〜)








posted by えいえいごう at 12:58| 子供英語(こども英語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

こども英語は親から子供への贈り物

「親が英語苦手なのに、子供に英語?」・・・子供に英語を学ばせるのに、親が英語を得意である必要はないです。

「親が英語苦手でも、子供は英語が得意!」・・・英語が不得意な親の子でも、立派に英語を身につけていく子供たちは、たくさんいるようです。

なぜなら、今や、子供たちの英語の学びに必要な、本や教材、DVDなど、いろいろなものが揃っていますからね。

ですので、子供に英語を学ばせるのに、親の英語力は、必要ではないのです。でも、やっぱり親の存在は大切です。親が子供と一緒になって、英語を楽しんだり、英語を学んでいる子供たちを応援してあげたりすることです。そうすると、子供たちは英語が好きになり、自然に英語を身に付けられるようになるでしょうね。

実際、子供たちが日本語を覚えた過程では、親や、周りの人とのコミュニケーションが、とても大事です。また、テレビや、絵本などに触れることも、子供たちが言葉を身につけるうえで、大きな影響をもっているはずです。

同じ言葉である英語も、子供たちが楽しんで、興味を持って、少しでも長い時間、適切な英語に触れることができれば、きっと自然に英語を覚えることができます。

親たちの仕事は、子供たちに適切な英語を用意することと、子供たちができるだけ興味を持って英語に取り組めるようなサポートをしてあげることで十分だと思います。親が英語が得意である必要もないですし、親がむしゃらに英語を勉強する必要もないですね。

こども英語は、子供たちが生きていく将来の社会において、子供たちが英語で苦労しないように、親からの子供たちへのプレゼントですね。
posted by えいえいごう at 17:32| 子供英語(こども英語) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。