こども英語について

そのうちね・・・」と言っているうちに、子供が最も自然に英語を身につけられる最高の時期を逃してしまいます。二度と戻ってこない、子供たちの大切な時期です。見逃さないようにしたいですね。

子供の英語に少しでも、感じるものがあるのでしたら、少しだけ時間を割いて読んでいってください。

子ども英語がどうして大切か、きっとあなたが見落としていること、忘れていることを思い出すことができるはずです。

英語に愛されるには学校英語「前」が肝心






ママ友達や知人などから「子どもの英語を始めたよ」という話を聞いたことはありませんか?結構、子ども英語を始める家庭は増えています。

子供英語を始めたといっても、最初の頃は、ほんのちょっとの差です。・・・ABCが言えたとか、犬を指差して「dog」と言ったとか、・・・。

そんなの、今からやらなくても、いつだって追いつけるわ」と思っていませんか?

でも、それから月日が経つにつれて、どんどん変わっていきます。その差は、埋めることができないものにまでなっていきます。

だって、大きくなってから自然な英語を身につけることが大変なのは、多くの人が身を持って知っているはずです。



知ってのとおり、赤ちゃんから幼児にかけては、言葉を覚えるには一番いい時期です。どこの国の子供も、この時期に一生使う母国語を身につけます。この時期に英語を学ぶ意味は大きいですよね。

赤ちゃんから幼児の時期って、本当にたくさんのをことを覚え、身につける時期です。

そして赤ちゃん・幼児期に身につけたことって、その後は当たり前のことになります。コップ・スプーン・お茶碗・箸などの使い方、立ち方、歩き方、走り方、着替え、トイレに行くこと、・・・言葉もそうですね。当たり前すぎて「ゼロから覚えたということ」を忘れっちゃっています。そんな風に、英語も身につけられば幸せですよね。

赤ちゃんから幼児期にかけては「覚えること」はもう本能ですね。覚えることに対してものすごく「貪欲」です。

しかも赤ちゃん・幼児期は脳の発達が著しいときです。・・つまり言葉を身につけるには一生の中で一番良いタイミングです。一生に一度きりのすごいチャンスなんですね。

でも残念ながら多くのパパやママは、そのチャンスを上手く生かしてあげることができません。気がつくと「あっという間に」赤ちゃん・幼児期というチャンスの時期は過ぎてしまいます。

昔なら身近に英語ができる人がいなければ、赤ちゃんや幼児に英語を学ばせることができませんでした。でも今は違います。

パパやママが英語苦手でも、子供たちに良質で適切な英語を与えることが簡単にできます。

ですので、一部のパパやママはもう始めています。自分が英語が苦手だからこそ、子供に英語で苦労させたくないと願うパパやママも少なくないです。



ところで、「家事に育児に忙しくて、なかなか他の事にチャレンジする余裕が、時間的にも気持ち的にも持てない」人も多いです。

「利かん気が強くて大変・・」「大人しすぎて心配・・」「何事も他の子より遅い・・」いろいろ悩みや心配事で、新しいことに目を向けることができないほど気持ちに余裕がない場合も。

そんなときこそ「子供が夢中になれる何かを見つけてあげること」がいい解決方法になったりします。

魅力的な子供英語教材もその一つですし、たとえば「しまじろうのこどもちゃれんじ」も人気で手軽ですね。子供が夢中になる何かを見つけたら、少しはママにも余裕ができて、新しいことにチャレンジする力が出てくるかもしれませんね。

おすすめ英語教材(乳幼児) >

こどもちゃれんじ体験育児 ≫


赤ちゃんや幼児たちは、覚えることにみんな一生懸命です。生きるのに必要なこと、生活に必要なこと、言葉、遊び、・・・いろいろ試しながら覚えていきます。

ママやパパにとっては困った「失敗の繰り返し」や「イタズラ」も、子供がいろんなことを覚えようと一生懸命チャレンジしていることの表れなんですよね。

子供が学ぶことに貪欲知能の発達も著しい一生に一度の時期を逃さず、英語に興味を持たせ、英語を学ばせることは、英語を自然に身につけさせるのには一番の方法です。

多くのパパやママが見逃してしまう、子供にとって一番良いタイミングをガッチリ捕まえて、今しかできない子供たちへの英語力のプレゼントはいかがでしょうか?



子供英語で一番大事なのは、子供が英語に興味を持つということです。

押し付けでは、子供たちは絶対に動きません。もしやっと始めても、すぐそっぽを向きます。

逆に、子供たちが興味を持てば、夢中になって英語をやりだします。

そうなればママやパパが「やめて」といったとしても、聞く耳持たずに、英語に夢中になるでしょう。

子供の興味は恐ろしいくらいです。我が家では、1歳児が自分でDVDを操作して、お気に入りの子供英語DVDを見ていたことがありました。

・・・ちなみに、我が家のこの困った1歳児は、ビデオデッキにDVDを入て、ビデオをダメにしたこともあります。(^_^;)



子供が英語に興味を持ち、そして、英語を学ぼうとする子供に、難しすぎず良質な英語に触れさせるには、子供用の英語教材を利用するのがもっとも効率的です。

ママやパパに英語力があれば、独自に集めて作った英語素材で子供を指導していくのも一つの手かもしれません。

でも、それができない人でも、子供英語教材を利用すると簡単に、子供たちの英語への興味を育て、そして自然な英語を身につけさせることができます。

子供英語の教材を見ると、子供の興味をかき立てる工夫がいっぱいされています。

例えば、子供が関心を寄せる、かわいいキャラクターや有名なキャラクターを用いたり、英語学習にゲーム性や遊びを上手く取り入れたり、・・・。

子供が英語を好きになる工夫がいっぱいです。

子供の興味を持続させながら、子供が自然に英語に触れられるようにいろいろ工夫されています。

子供が英語を好きになれば、英語が身につくのも時間の問題ですね。

我が子が英語を自然にしゃべる姿!想像するとワクワクしますね。(^o^)

あっという間に過ぎていく、子供たちの大切な時期を逃すまいと、多くのママやパパが、もう始めさせています。子供の将来のため、子供に自然な英語力のために今しかできないことですから。

おすすめ英語教材(乳幼児) >




子供が小さいうちに英語を始める家庭は増えています。

今は昔と違い親に英語力がなくても小さい子供のうちから英語を始めるための環境が整っていますからね。



多くの人が中学校から英語を始めた、親の時代とは違います。・・・2011年から小学校でも英語が必須科目です。

多くの子供たちが小さいうちから英語を始めています。きっと、身近なお友達にも、英語を習い、英語を身につける子が増えているはずです。

それにしても、こうしてみんなが英語を身につけるようになると、英語ができるということは、特別なことではなく、当たり前のことになっちゃいますね。

他人事ではないです。



実際、外国を見ると複数言語を使うことは珍しくないです。ネットや交通が普及してグローバル化は日々進んでいます。日本もそういう方向に進んでいくでしょう。

その証拠にこれまでの英語教育が見直され、小学校でも英語が2011年からは必須科目です。

日本の少子高齢化や、経済活動のボーダレス化を考えると、外国人が日本にやってくる機会はすごく増えています。また日本人が海外に行く機会もどんどん増えています。世界がもっと身近になっていくのは間違いないです!

今でも、多くの外国人が地方まで来ていますし、海外出張は地方の会社でも珍しいことじゃなくなっています。



子供たちにとっての英語の力は、親の世代以上に、ますます大切な能力になります。

子供をもつ親として、できることなら、子供が英語で苦労する姿を見たくはないものです。

子供のために、今しかできないことがあります。それを今してあげるのは、親の努めであり、優しさですね。

赤ちゃんから幼児にかけて、子供たちが言葉の習得に貪欲な時期は、今しかありません。気がつくとあっという間に過ぎていく時期です。逃さずガッチリ掴まえましょう。

後回しにすると、後悔するかもしれません。(;_;)

おすすめ英語教材(乳幼児) >




子供英語教材にはいろいろありますが、無料で一部体験できるものもあります。

無料体験DVDや無料体験資料を子供たちに見せてあげるだけでも、子供たちの英語に対する興味を高めるよいきっかけになりそうですよ。



子供の赤ちゃん・幼児期は、子供だけじゃなくパパやママにとっても英語を身につける良い機会かもしれません。子供と一緒に英語を学べば、子供にとっても効果的です。パパやママにとっても違った英語へのアプローチがいいきっかけになって実用的な英語が身につくかも知れませんね。

英語苦手の英語の学習 ≫




2007年12月12日

こども英語のDVD。英語教材の買取。・・・

こども英語のDVD
こども英語の英語教材というと、「できるかしら」とか「値段が高そう」と構えてしまう場合があるようです。ところで、こども英語のDVD教材の中には、DVD映画一本分の予算程度で、結構しっかりしたものが買えたりします。ですので、試しに、こういう英語DVDで、子供に試してみるのもいいかもしれませんね。

英語教材の買取
英語教材は、安くないこともあり、中古の教材の買取をしているところもあるようです。こども英語教材でも、そういった中古教材の買取を行うところがあるようです。こども英語教材の場合、子供が利用する時期を過ぎると、教材自体は不要になるでしょうから、こういったところを利用してみるのもいいかもしれませんね。

英語は世界の言葉
英語は世界の言葉ですね。英語を母国語とする人は、ものの資料によると4億人とか。中国語には及ばないものの、堂々の世界第2位です。しかも、英語を公用語や準公用語としている国は、世界で50カ国を超え、その人口は20億人を超えるようです。英語ってすごいですね。

子供英語は英語遊び
子供英語は、英語遊びなんですね。英語を学ぼうという感じではないです。英語で遊びながら、英語に慣れ、自然に英語を身につけるというものです。ですから、小さい子供でも、英語ができるようになるんですね。英語は、勉強と考えないほうが、英語を身につける上ではいいのかもしれません。

ミネルヴァ事業拡大
子供向け英会話教室の「ミネルヴァ」。このミネルヴァを運営するゼンケンオールでは、会社更生法を適用した英会話学校のNOVAの外国人講師を採用するようです。外国人講師の採用で、外国人講師を倍増させるようです。英会話の学習では、外国人との会話も大切でしょうからね。


posted by えいえいごう at 13:20| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

ペッピー・キッズ。こども英語をキッカケに親も。・・・

ペッピー・キッズ
「えいごではなそうペッピーキッズワールド」は、株式会社テックス英語研究所のこども英語教材です。「ペッピー・キッズ」は、アニメ・CG・実写など様々な映像で、かわいいキャラクターたちと一緒に、楽しく英語を身につける英語教材です。また、外国人スタッフと電話で英語の会話ができるようですよ。

こども英語をキッカケに親も
こども英語を始めたことをキッカケに、英語にチャレンジする人もいるようです。こども英語では、親が子供と一緒になって、英語学習に関わってあげると、一層子供は英語が大好きになります。そうして、子供と一緒に英語を楽しんでいるうちに、自然に英語に関心が持てるようになるのかもしれませんね。

日本の英語力
日本の英語の力は、アジア諸国・地域の中では、かなり低いかもしれないようです。TOEFLの平均スコアでの、アジア諸国・地域を比較をみると、シンガポールやインド、フィリピンといったところが上位にきて、少し下がって、韓国や中国、台湾、そして、日本はほぼ最下位に近い順位です。

子供と英語の時間
子供が少し英語を覚えたら、子供といっしょに、日本語禁止の英語だけで話す時間をつくってみるのも楽しいかもしれませんね。身振り手振りが増えるかもしれませんが、子供といっしょに英語を学んだり使ったりすることは、とても楽しいですし、結構、身になるかもしれませんしね。

英語を使い続けられる環境
子供英語教材で小さいうちから英語を勉強する子供が増えているようですが、せっかく親しんだ英語も使わないでいると、どんどんさびついてしまいます。ですので、覚えた英語を継続して使えるための環境作りも大切なことかもしれません。二ヶ国語放送やDVD、英語の本などうまく使いたいですね。
posted by えいえいごう at 08:09| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

こども英語教室の先生。ディズニーの英語システム。・・・

こども英語教室の先生
こども英語教室の先生の募集が行われています。こども英語教室の先生ですので、まず、子どもに愛情と優しさを持って接することが大事なのは言うまでもないですが、英語力ってどの程度要求されているんでしょうね。ちなみに、応募資格として英検2級程度となっているものを見たことがあります。なるほどですね。

ディズニーの英語システム
「ディズニーの英語システム」は、世界中で親しまれているディズニーのキャラクターによる、遊びながら英語を学ぶ教材です。ディズニーのキャラクターなので、子供たちにとっては、違和感なく英語に触れることができそうですね。「ディズニーの英語システム」は知名度の高い子供英語教材の一つですね。

日本人の出国者数
英語がますます重要になっています。英語の重要性が数字でも見えます。例えば、日本人も海外に出る機会が確実に増えています。昭和60年には500万人程度だったのが、平成元年には倍増し、1000万人弱となり、平成16年には1600万人を余裕で超えています。この数字はまだ伸びそうです。

子供英語がキッカケで・・・
子供英語をキッカケに、親のほうも英語を始める人もいるようです。子供英語で英語に親しむと、英語に対する見方が変るんでしょうね。意外に気軽な英語に触れて、教科としてじゃなくて、言葉としての英語を知ると、英語も楽しくなってくるようです。子供と親、いっしょに英語が身につくともっと楽しいですね。

周りの子供の影響で
周りの子供が英語を始めていると、焦りますね。英語はかなり身近なものになってきていますので、子供英語を始める家庭は、今では全く珍しくないです。そんなことで、久しぶりに一緒に遊んだ子供が、子供英語を始めていたりすると結構焦ったりします。それがきっかけで、子供英語を始める家庭もいるようですね。
posted by えいえいごう at 05:55| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

アルクの「エンジェルコース」。子供の興味。・・・

アルクの「エンジェルコース」
「エンジェルコース」は、ヒアリングマラソンで有名なアルクの、こども英語の通信講座です。対象が胎児〜3歳ということで、・・・早いですね。この英語教材では、脳がものすごく発達するこの時期をうまく捉えて、英語の音に対応できる耳づくりをしていくということのようです。なるほどです。

子供の興味
小さい子供の興味ってすごいです。子供たちは、食べることよりも、遊ぶことに一生懸命だったりします。そして、遊びを通じて子供たちはいろいろなことを覚えていきます。なかなかご飯を食べなくて叱られることも含めてですが・・・。子供たちの一生懸命を、うまく英語にも分けることができれば、苦労なく英語を身につけることができるんでしょうね。

近隣諸国での小学校段階の英語教育
英語の重要性は世界的なものです。日本でも小学校英語について、最近話題になっていますが、近隣諸国での英語教育はどうなんでしょうね。近年、小学校段階での英語教育を導入した国が幾つかあります。例えば、韓国(大韓民国)、中国、台湾、タイなどが、小学校段階での英語教育を導入しています。

こども英語教材と無料サンプル
こども英語教材では、よく無料のサンプルCDやDVDがあったりします。子供たちが、本当にその教材に興味を持つかどうかを確かめるには、とてもいい仕組みですね。子供たちが興味を示す英語教材じゃないと、長続きは難しいでしょうからね。直感的に判断する子供たちですから、無料サンプルの利用はとてもいい方法ですね。

子供英語で英語を覚えた後
子供英語で英語を覚えても、子供がその英語力を使う機会がないと、どんどん錆び付いてしまいます。ですので、せっかく身につけた英語を錆つかせないために、英語は継続して続ける事が大事ですね。英語の映画を見るとか、いまでは簡単に英語に触れる機会がありますので、英語の継続には苦労しないとは思いますが、英語から離れないようにしたいですね。
posted by えいえいごう at 19:24| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

NEWフォニックス英語教室。マザーグース。・・・

NEWフォニックス英語教室
「NEWフォニックス英語教室」は、英語のつづりと発音の規則性をたっぷりと学べる英語教材のようです。欧米では、英語の「つづり」と「発音」の規則性を、念入りに教えるそうです。日本では、不規則な部分を気にしすぎて、結局、暗記に頼った勉強をしていた人が多かったと思います。暗記主体じゃ、英語が楽しくなくなっちゃいますよね。

マザーグース
「マザーグース」は、イギリスで伝わってきた伝承童謡の総称です。英語圏の国や地域では、幼児期からこの「マザーグース」に親しむことで、英語を覚えていくそうです。「マザーグース」にはたくさんの童謡があるようです。そういえば、日本語の場合でもたくさんある童謡が、言葉を覚えるときの助けになっていますね。

小学校の英語
小学校での英語教育はかなり普及しているようです。9割を超える小学校で、既に英語に触れるため取り組みが導入され、行われてているようです。英語は今後ますます重要になっていきそうですし、言葉である英語は他の学習科目と違い、早くからはじめるに越したことはなさそうですからね。

アルクの子供英語通信講座
ヒアリングマラソンで有名なアルクの子供英語の通信講座には幾つかあります。一つ目は、胎児〜3歳を対象にした「エンジェルコース」。二つ目は、8ヶ月〜6歳を対象にした「abc DVDボックス」。三つ目は、4〜12歳を対象にした「スクールバス」です。年齢に応じて、それぞれコースになっているので、自分の子供にあわせて選ぶことができますね。

子供のびっくり
いつの間に覚えたのか、子供が意外なことを覚えている事があると、びっくりします。子供英語で英語遊びを通じて覚えることは、意外に多く、そんな子供に驚かされる瞬間も増えそうです。子供が子供英語教材を楽しんでいれば、お父さんやお母さんが知らない英語まで身につけるのも時間の問題かもしれません。


[PR Link]子供の七五三、そろそろ七五三、七五三

posted by えいえいごう at 22:56| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

3歳からの しまじろうの えいごの うたセット。こども英語のDVD。・・・

3歳からの しまじろうの えいごの うたセット
「3歳からの しまじろうの えいごの うたセット」は、ベネッセのこども英語教材です。「3歳からの しまじろうの えいごの うたセット」は、ビデオやDVDとCDがセットになっているようです。子供たちに人気の「しまじろう」がでるようですので、子供たちは楽しんで、英語の歌にふれることができそうですね。

こども英語のDVD
こども英語の英語教材というと、「できるかしら」とか「値段が高そう」と構えてしまう場合があるようです。ところで、こども英語のDVD教材の中には、DVD映画一本分の予算程度で、結構しっかりしたものが買えたりします。ですので、試しに、こういう英語DVDで、子供に試してみるのもいいかもしれませんね。

セサミえいごワールド
「セサミえいごワールド」は、誰もが知る、アメリカの子ども向け教育番組「セサミストリート」のキャラクターが登場する英語教材です。0歳からの幼児を対象とした家庭用英語学習システムです。幼児を対象としながらも、大人でも無理なく使えるシステムだそうです。こどもの英語をキッカケに英語を身につけたい人にはいいかもしれませんね。

「フォニックスであそぼう!」
「フォニックスであそぼう!」は絵本やCDなどによる、子供英語教材です。フォニックスは英語圏の子供たちが、読み書きを学ぶ方法だそうです。そのフォニックスによる英語の学びは、子供たちの英語習得にきっと役立つでしょうね。子供には子供の英語の学習方法があるんですね。

子供英語も継続が大事
英語習得には継続が大事です。子供英語でも子供が継続できないと、英語を身につけることができません。ですので、子供英語の教材は、子供が無理なく続けられること、また、子供が興味を持ち続けられそうなものがいいと思います。また、お父さんやお母さんが子供と一緒になって、子供英語を楽しんであげることも大事かもしれませんね。


[PR Link]楽しいハロウィン、そろそろハロウィンハロウィン

posted by えいえいごう at 10:41| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

アルクの「スクールバス」。ペッピー・キッズ。・・・

アルクの「スクールバス」
「スクールバス」は、アルクの英語教材です。「スクールバス」は、パソコンで遊ぶ英語教材です。いろんなゲームが用意されているようで、子供たちが楽しんで英語に触れることができるようです。4〜12歳の子供を対象としています。「スクールバス」は年齢や英語の習熟度に応じて、3つのコースが用意されています。

ペッピー・キッズ
「えいごではなそうペッピーキッズワールド」は、株式会社テックス英語研究所のこども英語教材です。「ペッピー・キッズ」は、アニメ・CG・実写など様々な映像で、かわいいキャラクターたちと一緒に、楽しく英語を身につける英語教材です。また、外国人スタッフと電話で英語の会話ができるようですよ。

英語教材の買取
英語教材は、安くないこともあり、中古の教材の買取をしているところもあるようです。こども英語教材でも、そういった中古教材の買取を行うところがあるようです。こども英語教材の場合、子供が利用する時期を過ぎると、教材自体は不要になるでしょうから、こういったところを利用してみるのもいいかもしれませんね。

アルクのabc DVDボックス
アルクの「abc DVDボックス」は、対象年齢が8ヶ月〜6歳の子供英語教材です。英語の歌やアニメがいっぱいのDVDですので、英語を楽しく、遊びながら学ぶことができるようです。英語は言葉ですので、遊びをまじえながら、自然に接することができると、自然に子供たちへ身につくのでしょうね。

新しい幼児向け英会話教室「HALS(ハルス)」
新しい幼児向けの英会話教室ができるようです。英会話教室の名前は「HALS(ハルス)」。人材派遣や教育事業のヒューマンホールディングスが、2007年9月にも幼児向けの英会話教室のフランチャイズチェーン展開で始めるようです。韓国での実績をいかした、独自の指導ノウハウと教材による英会話教室だそうです。
posted by えいえいごう at 15:34| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

小学校英語が話題。こども英語教室の先生。・・・

小学校英語が話題
小学校英語が話題です。小学校から英語を習い始めるという、小学校英語。今の小学生たちの親の世代が小学校だった頃に比べると、英語の位置づけって、全く変ってしまいましたね。でも、英語は、ことばですので、子供たちにとっては、早くから英語を始めることはとても良いことかもしれませんね。

こども英語教室の先生
こども英語教室の先生の募集が行われています。こども英語教室の先生ですので、まず、子どもに愛情と優しさを持って接することが大事なのは言うまでもないですが、英語力ってどの程度要求されているんでしょうね。ちなみに、応募資格として英検2級程度となっているものを見たことがあります。なるほどですね。

こども英語をキッカケに親も
こども英語を始めたことをキッカケに、英語にチャレンジする人もいるようです。こども英語では、親が子供と一緒になって、英語学習に関わってあげると、一層子供は英語が大好きになります。そうして、子供と一緒に英語を楽しんでいるうちに、自然に英語に関心が持てるようになるのかもしれませんね。

英語は世界の言葉
英語は世界の言葉ですね。英語を母国語とする人は、ものの資料によると4億人とか。中国語には及ばないものの、堂々の世界第2位です。しかも、英語を公用語や準公用語としている国は、世界で50カ国を超え、その人口は20億人を超えるようです。英語ってすごいですね。

子供英語ことばいろいろ
子供英語と同じ又は似た言葉に、幼児英語やキッズ英語などという言葉があります。また、赤ちゃん英語やベビー英語も同じくくりでいいでしょうね。最近話題なものの一つに、小学校から英語教育が始まるという小学校英語もあります。小さいときからの英語が注目されている証拠でしょうね。
posted by えいえいごう at 17:38| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

しまじろうのHappyEnglishシリーズ。アルクの「エンジェルコース」。・・・

しまじろうのHappyEnglishシリーズ
「しまじろうのHappyEnglishシリーズ」は、英語遊びで英語に親しめる、ベネッセのこども英語教材ですね。対象は2〜4歳の子供のようです。DVDとCDと英語遊びの付録がついていて、3つのテーマが用意されています。テーマは、「あいさつ」「おてつだい」「どうぶつ」の3つです。

アルクの「エンジェルコース」
「エンジェルコース」は、ヒアリングマラソンで有名なアルクの、こども英語の通信講座です。対象が胎児〜3歳ということで、・・・早いですね。この英語教材では、脳がものすごく発達するこの時期をうまく捉えて、英語の音に対応できる耳づくりをしていくということのようです。なるほどです。

ディズニーの英語システム
「ディズニーの英語システム」は、世界中で親しまれているディズニーのキャラクターによる、遊びながら英語を学ぶ教材です。ディズニーのキャラクターなので、子供たちにとっては、違和感なく英語に触れることができそうですね。「ディズニーの英語システム」は知名度の高い子供英語教材の一つですね。

日本の英語力
日本の英語の力は、アジア諸国・地域の中では、かなり低いかもしれないようです。TOEFLの平均スコアでの、アジア諸国・地域を比較をみると、シンガポールやインド、フィリピンといったところが上位にきて、少し下がって、韓国や中国、台湾、そして、日本はほぼ最下位に近い順位です。

子供英語は英語遊び
子供英語は、英語遊びなんですね。英語を学ぼうという感じではないです。英語で遊びながら、英語に慣れ、自然に英語を身につけるというものです。ですから、小さい子供でも、英語ができるようになるんですね。英語は、勉強と考えないほうが、英語を身につける上ではいいのかもしれません。
posted by えいえいごう at 10:32| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

アルクの「みんなのえいご日記ドリル」。NEWフォニックス英語教室。・・・

アルクの「みんなのえいご日記ドリル」
「みんなのえいご日記ドリル」は、ヒアリングマラソンで有名なアルクの発行する本です。子供たちが、日常の出来事を、英語で、2行の日記を書くというトレーニングができるようです。対象は、小学校中学年以上ということです。日記からはじめる英語も楽しいかもしれませんね。

NEWフォニックス英語教室
「NEWフォニックス英語教室」は、英語のつづりと発音の規則性をたっぷりと学べる英語教材のようです。欧米では、英語の「つづり」と「発音」の規則性を、念入りに教えるそうです。日本では、不規則な部分を気にしすぎて、結局、暗記に頼った勉強をしていた人が多かったと思います。暗記主体じゃ、英語が楽しくなくなっちゃいますよね。

子供の興味
小さい子供の興味ってすごいです。子供たちは、食べることよりも、遊ぶことに一生懸命だったりします。そして、遊びを通じて子供たちはいろいろなことを覚えていきます。なかなかご飯を食べなくて叱られることも含めてですが・・・。子供たちの一生懸命を、うまく英語にも分けることができれば、苦労なく英語を身につけることができるんでしょうね。

日本人の出国者数
英語がますます重要になっています。英語の重要性が数字でも見えます。例えば、日本人も海外に出る機会が確実に増えています。昭和60年には500万人程度だったのが、平成元年には倍増し、1000万人弱となり、平成16年には1600万人を余裕で超えています。この数字はまだ伸びそうです。

子供と英語の時間
子供が少し英語を覚えたら、子供といっしょに、日本語禁止の英語だけで話す時間をつくってみるのも楽しいかもしれませんね。身振り手振りが増えるかもしれませんが、子供といっしょに英語を学んだり使ったりすることは、とても楽しいですし、結構、身になるかもしれませんしね。
posted by えいえいごう at 14:57| こども英語の5口メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。